得意科目と苦手科目を含めた全教科勉強法とは

得意科目と苦手科目を含めた全教科勉強法とは

多数派の人が得意科目と苦手科目があると思います。
受験勉強の時期は苦手を無くす必要があるので全科目勉強を頑張らないといけませんが、受験生でなければ苦手科目を犠牲にしてでも得意科目を伸ばす事に専念した方が良いと思います。
受験生でなくても学校の定期試験の直前は苦手科目も勉強する必要がありますが、定期試験の勉強では得意科目で学年トップを目指す意気込みを持ちながら全教科を勉強するのが効果的です。

得意科目の勉強には目的意識があるのでヤル気が出ますし、苦手科目の勉強のときも得意科目の勉強が順調なテンションでやれば、定期試験期間外よりも頭が冴えて効果的に勉強が出来ます。
定期試験期間外は得意科目の興味持った単元を気軽に楽しみながら勉強するのが合理的です。
得意苦手の典型的な例は理系と文系でどちらか片方が得意科目で、もう片方が苦手科目というケースです。

理系が得意で文系が苦手な人は暗記する労力を削減して得意分野の難易度が高い応用問題をひたすら解くのが良いです。
文系が得意で理系が苦手な人は教科書にある基本事項を丸暗記して応用問題を解くときは暗記した知識をパズルの様に組み合わせて問題の答えの候補を自分が思い付くだけ書き出して、その中に答えがあればそれを暗記して、なければ模範解答を丸暗記するのが良いです。