青ペン使って記憶力アップ

青ペン使って記憶力アップ

試験前に何かを覚えたいときは必ず青のボールペンを使って勉強をしていました。
やり方はとても簡単です。
問題集を解いて間違えたところや覚えたい公式を白い紙に青いボールペンで書くだけです。

この際に注意したいのが1回ではなく必ず3回以上は書くことです。
何回も同じことを書くことによって記憶だけでなく感覚でも覚えることができるようになります自宅で勉強する際は声に出して読みながら文字を書くと更に記憶に残ります。

もう1点注意したいのは必ず青のボールペンでかくということです。
青色には精神を落ち着かせる作用があるようで集中力を維持しながら書くことができます。
以前に赤いボールペンでもやってみましたがその後同じ問題を解いても覚えていなかったことが多かったです。

この青いボールペンは使い切ったら捨てずに受験当日まで保管しておいてください。
たまったボールペンたちはあなたが今日まで努力してきた証です。
前日や当日、不安になったり緊張したときに空になったボールペンをみたらきっとあなたの自信につながります。

余談ですが、私は大学受験のときに1年間で90本近くのボールペンを使いました。
「これだけ書いて勉強したから大丈夫」と言い聞かせ試験当日はお守り代りにもっていき、無事に判定Eの大学に合格することができました。

自宅で簡単に取り組める勉強方法です。
勉強の進め方に悩んでいたり今のやり方にマンネリ化してきたなと思ったときに使ってみてください。