受験当日に緊張しないためには

受験当日に緊張しないためには

受験生の皆さんは、誰しも焦って不安になったり、受験の当日はとても緊張すると思います。
受験生が、自分は本当に受験した学校に受かるだろうか?と悩む当たり前のことだと思います。

それによって過度なストレスが溜まってしまうことも少なくはありません。 (さらに…)

受験勉強に耐えるためのマインドとは

受験勉強に耐えるためのマインドとは

受験勉強は長丁場で根気や踏ん張りを要求されるものです。
特に、自分が嫌いな科目の勉強は辛いものです。

私は頭はよくありませんが、大学は第一志望の国立大学に現役で合格しました。
自分なりに分析した勝因マインドを書いてみたいと思います。 (さらに…)

「暗記化」することで一気に成績向上を期待できる

「暗記化」することで一気に成績向上を期待できる

文系・理系という言葉があるように、人によってそれぞれ得意な教科は異なるもの。
好みに関してもそうですが、生まれ持った傾向はそうそう変わるものではありませんから、なかなか伸び悩んでしまうのも無理のないことではあります。

 

しかし、無理でも何でもテストの成績を上げなければ、ワンランク・つーランク上の学校の合格はおぼつきません。 (さらに…)

目標が一緒のお友達が身近にいると成績アップにつながる

新学期仲良くなったお友達と、たまたま将来なりたい職業が一緒だった我が子は、そのお友達が塾に通い、毎日4時間勉強してる事を知りすぐに「自分も同じ塾に入りたい」と言ってきました。
そのお友達は成績優秀なのは噂で知っていたので、子供にとっていい影響になるだろうと迷わず塾に入れました。 (さらに…)

青ペン使って記憶力アップ

青ペン使って記憶力アップ

試験前に何かを覚えたいときは必ず青のボールペンを使って勉強をしていました。
やり方はとても簡単です。
問題集を解いて間違えたところや覚えたい公式を白い紙に青いボールペンで書くだけです。

この際に注意したいのが1回ではなく必ず3回以上は書くことです。
何回も同じことを書くことによって記憶だけでなく感覚でも覚えることができるようになります自宅で勉強する際は声に出して読みながら文字を書くと更に記憶に残ります。 (さらに…)

その勉強法、自分に合っている?

その勉強法、自分に合っている?

勉強をしているのに中々伸びない、あんなに時間をかけたのにテストには大した結果が出なかった…そんな経験はこざいませんか?
人にはその人にあった勉強法というものがあります。
極限状態に置かれると集中できると考え、熱めのお湯をお風呂に張ってお風呂場を閉め切り、サウナ状態で集中して暗記する勉強法で東大へ進学した生徒さんもいらっしゃいます。

もちろん、誰もにこの勉強法が適している訳では無いのです。 (さらに…)

得意科目と苦手科目を含めた全教科勉強法とは

得意科目と苦手科目を含めた全教科勉強法とは

多数派の人が得意科目と苦手科目があると思います。
受験勉強の時期は苦手を無くす必要があるので全科目勉強を頑張らないといけませんが、受験生でなければ苦手科目を犠牲にしてでも得意科目を伸ばす事に専念した方が良いと思います。
受験生でなくても学校の定期試験の直前は苦手科目も勉強する必要がありますが、定期試験の勉強では得意科目で学年トップを目指す意気込みを持ちながら全教科を勉強するのが効果的です。 (さらに…)

受験勉強は、まず志望校の出題分析、その後は反復練習が効果的

受験勉強は、まず志望校の出題分析、その後は反復練習が効果的

数学や英語など膨大な種類の受験参考書がありますが、結局は書いてある内容はそれほど変わらない気がします。
どんな科目でも、受験で出題される問題の核の部分は、範囲が限定されていきます。
それは志望校の過去の問題を分析すると鮮やかに見えて来ます。

どんな学校でも、これから入学してもらって、勉強を教えていく上での必要な学力を量る方法は大きく変化することはありえません。 (さらに…)

大学に入る前と入った後の勉強の違い

大学に入る前と入った後の勉強の違い

大学に入るまでは大学や高校や中学などの入学試験に合格する為の勉強を行います。
しかし、大学では、ディベートや実験・実習、あるいはゼミや講義といったように、試験に合格する為に勉強をするのではなく、自分の能力を高めていくのが主な内容になってきます。
大学で勉強や研究を本格的に行えるのは、大学院に進学する前後ぐらいからであり、それまでは、研究を行えるだけの力を養う時間となります。 (さらに…)